水上スラム、スラム、バジャウ、民族

海上スラム スタディツアー

海上スラムって

セブシティ南部にある海上住宅。彼らは、東南アジアの海上で船を家として生活していた海上民族、バジャウ族。潜水能力に長け、海底を歩きながら漁をする姿から半魚人と例えられることも! しかし、現代化の波に押され昔ながらの彼らの暮らしはなくなりつつある。セブ島のバジャウ族は水上住宅を建て、セブ島の闇の部分と言われるスラム街で生活をしている。そして、多くの者がフィリピン国民でないことから差別され職に就くことすら難しい。

どうして?

ガイドのLEOは、一年間バジャウ族と暮らしていました。お金のないバジャウ族から『お前は一番の大学に通っている、いろんなことを教えてくれる、お金がないなら半分こして食べよう』とご飯をもらい。『学校まで歩いていくな、その分勉強しろ。』と20ペソを渡され。『LEOの家族は日本だから一人って感じるかもしれない、けど俺らが家族だからそんな気持ちにならないで!』とLEO誕生日会を全て賄ってくれた。

助けてくれたバジャウ族に一生の恩返ししたい。小さな一歩からバジャウに感謝の気持ちを体現したい、そんな気持ちでこのツアーを作っています。

多くのバジャウ族はアクセサリー、伝統の布を売ることで生計を立てています。バジャウ族でのお土産として買っていただけると嬉しい限りです。

タイムスケジュール

9:00 滞在先までお迎え
10:00 村近くを散策
11:00  バジャウ村到着、散策
12:00  バジャウ族と交流
14:00  解散

ツアー料金(日本円、ペソ払いも可能です)

お一人様 2000ペソ(約4000円) (最小催行人数 2名)
※お一人様プラス500ペソでカルボンマーケットも一緒に行けちゃいます。

【ツアーに含まれているもの】
日本人コンシェルジュ、各施設の入場料

【ツアーに含まれていないもの】
食事、交通費、お土産代

【学割・団体割引実施中】
4名様以上のご参加で1名様分無料!
お申し込み

よくある質問

Q:危ないですか?
A:大金は絶対持ってきてはいけません。
安全面はLEOがいることで安心できますが、ガイドの指示を破ることのないようにしてください。そして、海の上で生活しているため不安定な板を歩きます。たまに海に落ちます。

Q:ボランティア活動、フィーディングがしたいです。
A:基本的にはお断りしております。1日のボランティアでは思い出を作るだけで、彼らの将来にはつながらないと考えています。もし、良い案等ございましたら、ご相談ください。

Q:日本のお菓子あげたいです。
A:子供たちは喜びますが、大人を含んだ喧嘩に発展しますので、ご相談ください。

《人気ツアー》

セブ島を旅行で訪れるなら、ジンベエザメと泳ぐツアーがおすすめ アイランドホッピングでは人気インスタ映えスポットやシュノーケルスポット、さらには無人島までご案内も可能。
ジンベエザメツアー  アイランドホッピング

藤田ニコルも行ったセブ島のインスタ映えスポットを巡るツアー セブ島でウミガメやイワシの大群を見るアイランドホッピングならモアルボアルツアー
インスタ映えツアー          ウミガメツアー

LINEでお問い合わせ♫

セブ島ツアー会社の日本人と日本語で直接連絡